[SOLD OUT] トスカーナ産ワイン「CASTELLO DI BROLIO VIN SANTO DEL CHIANTI CLASSICO DOC」500ml

[SOLD OUT] トスカーナ産ワイン「CASTELLO DI BROLIO VIN SANTO DEL CHIANTI CLASSICO DOC」500ml

SOLD OUT

トスカーナ産ワイン「カステッロ・ディ・ブローリオ・ヴィン・サント・デル・キアンティ・クラッシコ・DOC」

イタリア・トスカーナ州キアンティ・クラッシコ地区で1000年以上の歴史あるリカーゾリ男爵家が造った甘口デザートワイン CASTELLO DI BROLIO VIN SANTO DEL CHIANTI CLASSICO DOC(カステッロ・ディ・ブローリオ・ヴィン・サント・デル・キアンティ・クラッシコ・DOC)です。
キアンティが誇る琥珀色のデザートワインは、口に含んだ瞬間から強く華やかな香りが持続し、口の中でとろけるような温かく滑らかで気品あふれる味わいが特徴です。
品種はキアンティ・クラッシコ地区の伝統的で希少なぶどう「マルヴァジア種」を主体とし、完熟したぶどうを厳選して使用しています。
風通しのよい場所で約4ヶ月陰干しして糖度を高めたぶどうをソフトプレスした後、バリックに移して発酵させ、225lt入りの樽の中で4〜5年以上熟成させて作られています。
砕いたアーモンドやドライフルーツ、蜂蜜、アプリコットを連想させるユニークでリッチな味わいのヴィンサントは、聖なるワインと呼ばれ、キリスト教の儀式で使われてきた由緒あるワインです。
食後にデザートワインとして楽しんだり、トスカーナを代表する郷土菓子カントゥッチに浸して味わうことでさらに美味しく、豊かなひと時をお楽しみいただけます。

000

追加情報

商品名

トスカーナ産ワイン「CASTELLO DI BROLIO VIN SANTO DEL CHIANTI CLASSICO DOC(カステッロ・ディ・ブローリオ・ヴィン・サント・デル・キアンティ・クラッシコ・DOC)」

内容量

500ml

原材料

ぶどう

アルコール度数

17%

産地

トスカーナ州、イタリア

生産者

BARONE RICASOLI(バローネ・リカーゾリ)

保存方法

冷暗所で保存

VIN SANTO DEL CHIANTI CLASSICOとは

VIN SANTO DEL CHIANTI CLASSICO(ヴィン・サント・デル・キアンティ・クラッシコ)は、トスカーナ州を代表する甘口デザートワインです。
トスカーナ州フィレンツェからシエナにかけてのキアンティ地区を指定の原産地とし、ぶどうの品種はマルヴァジーア種とサンジョベーゼ種を主ににDOC(原産地統制呼称)として品質を保証しています。
アーモンドやドライフルーツ、蜂蜜など凝縮した香りが特徴でトスカーナの郷土菓子カントゥッチを浸して飲むこともできる上品な食後酒です。

特徴とペアリング

CASTELLO DI BROLIO VIN SANTO DEL CHIANTI CLASSICO DOC

トスカーナ州を代表する琥珀色がかった濃い黄金色をした甘口デザートワインです。
砕いたアーモンドやドライフルーツ、蜂蜜、アプリコットを連想させ、甘みのある滑らかな味わいは口に含んだ瞬間から強く華やかさが持続します。
通常の食後酒とは違い、アルコール度数も17%と強すぎないため飲みやすく、気品あふれる上品さが何よりの魅力です。
トスカーナを代表する郷土菓子カントゥッチを2〜3秒ヴィンサントに浸して食べたり、中世時代から伝わるトスカーナのドライな郷土菓子パンフォルテやリッチャレッリ、カヴァッルッチとともに味わうとヴィンサントの香りがさらに花開き、美味しく味わうことができます。

特徴
タイプ 甘口ワイン フルボディ
香り 強く華やかな香り、砕いたアーモンドやドライフルーツ、蜂蜜、マジパン、アプリコット
味わい 温かく滑らかで気品あふれる味わい
琥珀がかった強い黄金色
ぶどうの品種 マルヴァジア、サンジョヴェーゼ

CANTUCCI E VIN SANTO
おすすめレシピ

カントゥッチとヴィン・サント | Cantucci e Vin Santo

生産者について

BARONE RICASOLI

BARONE RICASOLI(バローネ・リカーゾリ)社は、イタリア・トスカーナ州キアンティ・クラッシコ地区でブローリオの城を拠点に1000年以上の歴史ある有名な造り手です。
家族経営の会社としては世界でも類をみない歴史のある会社であり、ワインの会社としてがイタリアで最も古い会社です。
19世紀にベッティーノ・リカーゾリ氏がキアンティワインの配合とプロセスを考案したことでも有名です。
興味深いのは、ベッティーノ・リカーゾリ氏が世界中の人々に「キアンティワイン」を楽しんでもらえるよう長い年月をかけてトスカーナからアメリカ、インドなどの世界各地に船で運び、テイスティングを重ねていたことです。
彼はキアンティワインの基礎を築いた「鉄の男爵」と呼ばれ、キアンティワインは世界中で愛されるようになりました。
リカーゾリ家はその時代から伝統を守り、今も最高品質のキアンティワインとオリーブオイルの生産を続けているメーカーです。

産地について

GAIOLE IN CHIANTI, TOSCANA

産地は、中部トスカーナにある標高360mの丘「GAIOLE IN CHIANTI(ガイオーレ・イン・キアンティ)」です。
幾たびも画家によって描かれてきたキアンティ地域は、美しい風景と世界有数のワインやオリーブオイルなど美食が生まれる場所として有名です。
ブローリオの城を囲むようにブドウ畑とオリーブ畑が広がり、評価の高いキアンティワインやEXVオリーブオイルが生産され、世界中の人々の憧れの地として今もなお、輝きを放っています。

産地情報
地名 ガイオーレ・イン・キアンティ
県名 シエーナ
地域 中部トスカーナ
標高 360メートル