LARDO GIANNARELLI

CATEGORY

Showing the single result

View 28/56/All

1953年創業のLARDO GIANNARELLI(ラルド・ジャンナレッリ)社はイタリア・トスカーナ州コロンナータ村でラルド・ディ・コロンナータを長年作り続けてきた家族経営の老舗です。
家族代々伝わってきた門外不出の製法で最高品質のラルドを作り続けてきました。
そのラルド作りに欠かせないのが豚肉の背脂にすりこむ香草塩。自社のラルドの品質に関わる大切な香草塩のため、その配合もまた極秘と言われています。
「コンカ」と呼ばれる大理石の桶で6ヶ月以上熟成させたジャンナレッリ社のラルドは脂っぽくなく、まろやかな口当たりと秘伝のスパイスの香りが素晴らしく、イタリアだけでなく世界中のグルメな人々を魅了させています。
トスカーナのスローフードの代表格であるジャンナレッリ社のラルド・ディ・コロンナータ。
IGP認定もされている背脂の生ハムとも言われています。
伝統を守り、誇りを持って作り続けている格式ある生産者です。

  • トスカーナ産ハーブ塩「SALE DI COLONNATA(サーレ・ディ・コロンナータ)」140g

    トスカーナ産ハーブ塩「SALE DI COLONNATA」140g

    ,

    NEW

    トスカーナ産ハーブ塩「サーレ・ディ・コロンナータ」

    SALE DI COLONNATA(サーレ・ディ・コロンナータ)はイタリア・トスカーナ州コロンナータ村で作られている名高きラード「ラルド・ディ・コロンナータ」のための秘伝のハーブ塩です。
    スローフード協会が認定しているラルド・ディ・コロンナータ。イタリア中の美食家たちを唸らせる伝統的なラードは、量産ができないため、とても高価で希少性の高い幻の逸品と言われています。 そのラードを作る際に欠かせないのがラルド・ディ・コロンナータのハーブ塩です。
    天然の塩とにんにく、胡椒とハーブ(ジュニパーベリー、シナモン、フェンネルシード、タイム、ローズマリー、スイートマジョラム)を調合し、15日間大理石の桶の中で寝かせて作られた特別なハーブ塩です。
    熟成期間中に香りがしっかり塩に残り、まるでラルド・ディ・コロンナータがそこにあるかのような極上の風味を感じることができます。
    スパイスの複雑な香りがからみ合い、素晴らしい美味しさが味わえるハーブ塩をコロンナータ村では、ラード作りのためだけでなく普段の料理にもこの塩を使ってきたそうです。粗塩と細塩の中間の粗さの塩のため、そのままサラダやパスタにかけても美味しく、ステーキやじゃがいもローストなど料理に使えば、最高の旨味を加えることができます。和食にもよく合い、手作りのパンチェッタ作りに使用するのもおすすめです。

    ¥1,950