PASTA DEL CHIANTI(キアンティワインのパスタ)レシピ

PASTA DEL CHIANTI(キアンティワインのパスタ)レシピ
2015-09-19 bottega055
キアンティワインのパスタ | Pasta del Chianti
In レシピ

PASTA DEL CHIANTI / キアンティワインのパスタ

材料 (約4人分)

  • 豚肩ロース肉(またはロース肉)…160g
  • にんにく…2g
  • フェンネルシード…小さじ1/2
  • ジュニパーベリー(杜松の実)…5粒
  • トレビス…75g
  • 玉ねぎ…40g
  • キャンティワイン…150ml
  • EXVオリーブオイル…30g
  • 塩…適量
  • ショートパスタ…320g
  • パルミジャーノレッジャーノ…適量

作り方

  1. 豚肉は、包丁かフードプロセッサーで粗みじん切りにする。にんにく、フェンネルシード、ジュニパーベリーは合わせてみじん切りにし、塩小さじ1とともに豚肉にまぶす。
  2. トレビスは1cm幅のざく切りにし、玉ねぎは薄切りにする。
  3. 鍋にEXVオリーブオイルと玉ねぎ、豚肉を入れて中火で炒める。豚肉に火が通ったらトレビスを入れてざっと炒め、キャンティワインを加えフタをして弱火約10分煮る。
  4. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(湯の1%)を入れてパスタを茹でる。
  5. 茹で上がったパスタをソースの鍋に加え、中火にかけながら和える。ソースが全体にとろりとしてきたら、好みでパルミジャーノレッジャーノとEXVオリーブオイル(分量外)をかけて仕上げる。

レシピの食材

  • New
    IGP認定EXVオリーブオイル「TERRE ALTE DI TOSCANA」500ml

    【新発売】トスカーナ産IGP認定EXVオリーブオイル「TERRE ALTE DI TOSCANA」500ml

    ,

    新発売・NEW ARRIVAL

    トスカーナ産IGP認定EXVオリーブオイル「テッレ・アルテ・ディ・トスカーナ」500ml

    TERRE ALTE DI TOSCANAは、ミディアムタイプの毎日使えるIGP認定EXVオリーブオイルです。 オリーブを摘む段階からボトル詰めまでのすべての生産プロセスがトスカーナ産であることを認証されたIGP認定商品です。 オリーブの品種は、フラントイオ種、モライオーロ種、レッチーノ種という構成になっており、アーティチョークや野草の香りを連想させる優しくまろやかな味わいオリーブオイルです。 口に含ませるとはじめに甘みを感じ、後から苦みと辛みがバランスよく感じられ、素材を引き立てます。 甘みと辛み、苦みのバランスがよい中間タイプのオリーブオイルは、素材を上手にひきたてるため、どこにかけても美味しく食べやすい味わいが特徴です。 パンやサラダ、パスタといった主食によく合うオリーブオイルで、サラダ、茹で野菜、肉や魚まで仕上げにかければ全体のバランスを上手に調和させてくれる万能オイルです。 またマイルドなタイプのため、お菓子作りの際にバターの代わりに使用するのもおすすめです。 ヘルシーな料理志向の方には加熱用としてお使い頂くこともでき、イタリアの家庭サイズのお得な500ml入りのため、ご家庭に一本あると便利なオリーブオイルです。 酸度も低く、加熱しても酸化しづらいため、ピッツァ生地やパン生地用として、バター代わりに製菓用オリーブオイルとしてお使い頂けます。 またこのオリーブオイルは、独自の技術を用いた酸化を防ぐ構造の蓋を使用しており、テーブルでオイルをかける際も液もれしにくく、開封後も美味しさを維持することができます。
  • トスカーナ産ハーブ塩「SALE DI COLONNATA(サーレ・ディ・コロンナータ)」140g

    トスカーナ産ハーブ塩「SALE DI COLONNATA」140g

    ,

    NEW

    トスカーナ産ハーブ塩「サーレ・ディ・コロンナータ」

    SALE DI COLONNATA(サーレ・ディ・コロンナータ)はイタリア・トスカーナ州コロンナータ村で作られている名高きラード「ラルド・ディ・コロンナータ」のための秘伝のハーブ塩です。 スローフード協会が認定しているラルド・ディ・コロンナータ。イタリア中の美食家たちを唸らせる伝統的なラードは、量産ができないため、とても高価で希少性の高い幻の逸品と言われています。 そのラードを作る際に欠かせないのがラルド・ディ・コロンナータのハーブ塩です。 天然の塩とにんにく、胡椒とハーブ(ジュニパーベリー、シナモン、フェンネルシード、タイム、ローズマリー、スイートマジョラム)を調合し、15日間大理石の桶の中で寝かせて作られた特別なハーブ塩です。 熟成期間中に香りがしっかり塩に残り、まるでラルド・ディ・コロンナータがそこにあるかのような極上の風味を感じることができます。 スパイスの複雑な香りがからみ合い、素晴らしい美味しさが味わえるハーブ塩をコロンナータ村では、ラード作りのためだけでなく普段の料理にもこの塩を使ってきたそうです。粗塩と細塩の中間の粗さの塩のため、そのままサラダやパスタにかけても美味しく、ステーキやじゃがいもローストなど料理に使えば、最高の旨味を加えることができます。和食にもよく合い、手作りのパンチェッタ作りに使用するのもおすすめです。
    ¥1,950
  • New
    トスカーナ産ワイン「ROCCA GUICCIARDA CHIANTI CLASSICO DOCG RISERVA(ロッカ・グイッチャルダ・キアンティ・クラッシコ・DOCG・リゼルヴァ)」750ml

    トスカーナ産ワイン「ROCCA GUICCIARDA CHIANTI CLASSICO DOCG RISERVA」750ml

    ,

    NEW

    トスカーナ産ワイン「ロッカ・グイッチャルダ・キアンティ・クラッシコ・DOCG・リゼルヴァ」

    イタリア・トスカーナ州キアンティ・クラッシコ地区で1000年以上の歴史あるリカーゾリ男爵家が造った伝統の力強い味わいのキアンティクラッシコのワインが ROCCA GUICCIARDA CHIANTI CLASSICO DOCG RISERVA(ロッカ・グイッチャルダ・キアンティ・クラッシコ・DOCG・リゼルヴァ)です。 キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァは、木樽の中で熟成する期間が通常の2倍の時間をかけて熟成させるため、これぞトスカーナというキアンティワインらしい力強くエレガントな味わいが特徴です。 リカーゾリ家で古くから質の良いぶどうが収穫できる土壌で育てたぶどうのみを使用し、サンジョヴェーゼ種を軸にメルロー種、カベルネソーヴィニヨン種という構成です。 この土壌でしか奏でられない複雑なハーモニーは、キアンティの豊かな自然やハーブ、植物を連想させます。 深いルビーレッド色のワインは、柔らかいボディに豊かなタンニン、様々に変化していく香り、長く続く余韻まで楽しむことができます。 口に含むと、はじめに完熟したベリー系果実、シナモン、フルーツやジャムの味を感じ、ゆっくりとスミレの花やトーストの香りへと変化します。 リカーゾリワインの奥深さを感じる複雑な香りは、上品ながら力強さを感じるクラッシックなキアンティワインです。 ステーキやローストビーフ、熟成したチーズなど力強い食材だけでなく、グリルした肉やスープなどとも相性がよいので日常の料理に合わせやすいワインです。 全体のバランスが良く、キアンティ・クラッシコ特有のしっかりしたタンニンの渋みを感じる濃厚な味は、じっくりと伝統あるキアンティワインを味わいたいときにおすすめです。
    ¥3,550