トスカーナ名物CHIANINA(キアーナ牛)

トスカーナ名物CHIANINA(キアーナ牛)
2011-12-29 bottega055
In ARTICLE
Chianina | キアーナ牛

トスカーナの代名詞とも言える名物料理、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)。
この一皿を作るのに必要なCHIANINA(キアーナ牛)の生産者を訪問しました。

久しぶりに現地でキアーナ牛を見て感じたのは、足が長く、顔も体も全体的に日本の黒毛和種より大きいこと。
配合飼料などは一切与えず、オーガニックの牧草だけを食べて育つキアーナ牛。
18ヶ月になったら牛肉となるとの話だったが出荷直前の牛はとても大きく感じました。

「牛の角は絶対に切ってはいけない。角は自分で餌を探すための道具でもあるからそれを失ったら牛がずっと牛舎にいたがって山を駆け回らなくなる。牛にも牛のプライドがある」という生産者の一言が印象的でした。

ちなみに山を駆け回り、プライドをもって育てられたキアーナ牛で作る「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」は、トスカーナのフルーティーなEXVオリーブオイルと黒胡椒をたっぷりかけて頂くのが絶対ルール!の美味しい食べ方です。